「ゼロから始める竹竿作り」製作編その12(竹のフェルール)

200606_1.jpg
竹が0.5mm、カーボンブレード0.2mmで0.7mmちょっとの厚みになりました。

このままでも、竹のみの1mm厚+シルクラップよりタフですが、
念のため挿げ口に数ミリ巾のラッピングをしておきます、
これで竿の寿命が尽きるまで持つ(期待をこめて)ことでしょう。

ということで強度は確保しましたが、ひとつ問題が出てきました、
この雰囲気、無頓着な私でも「似合わんなぁ」と思う、
従って濃色塗料で塗り潰すことになります。

手持ちのカシュー透で仕上げましたがどうでしょう、
直射日光を浴びると模様が浮き出てイイ感じだと思いませんか。
200606_2.jpg
まだ試してはいませんが、
エポキシ用の顔料があれば接着段階から着色し、手早く仕上がることでしょう、
顔料の色は・・・赤だね。

故中村羽舟氏が始めた「和式」フライ竿ですが、
いつのまにやら、枝の末端には奇妙な実もぶらさがっております。

羽舟竿を観察したこともない者が作り方の解説するなんて・・・なのですが・・・。




「ゼロから始める竹竿作り」製作編その11(竹のフェルール)

200528_1.jpg
すだれ巻き手法の後付け竹フェルール、さてどのように処理しましょうか。

生成りシルクラップのヌーディーを愛でますか?、
それとも負担の大きな挿げ口をケブラやPEで巻きますか。

見た目重視ならそれも良し、この方式は何度でも作り替えできるからね、
ただしその場合は竹の厚さを増しましょう、
0.5mmは余りにも薄い、数回の使用で参っちゃうかもしれません。

フェルールのストレスって思うより大きいです、
釣りをしてると曲げと捩りが同時に掛かるのは普通のことで、
丸断面ならかなり逃げが効くけど、こいつは角が付いてるからヤバい。

糸巻き補強は押広げには強くても曲げと捩れが一緒にきたらとても弱い、
耐えるためには竹を厚くする以外にない、無骨になって当り前なんです。

200528_2.jpg
こんな便利なものを知ったのは無駄足掻きをずいぶん続けた後、
カーボンブレードのパイプ、悩める私には救世主でした、
フェルール破損の心配をする必要がなくなったのですから。

200528_3.jpg
膨らませて通し、軽く引き絞めフィットさせたら両端をテープ止め、
エポキシを満遍なく擦り込んでから表面を拭き取ります、
200528_4.jpg
熱収縮チューブを配置したら、
200528_5.jpg
火の中をぐりぐり通す、
接着剤が煮立つのが見えてコワくなるけビビッてはいけない。
200528_6.jpg
速攻でバケツに放り込み冷却する、でないとメンマができる(笑)、
焼き入れしてない竹を使う理由はここ、それなりに考えとります。

200528_7.jpg
加熱したエポキシは急速に硬化するので手早く不要部分を撤去し、
アルコールなどではみ出しをクリーニングします。
200528_8.jpg
そのまま硬化させても良いとは思いますが、
テープを強く巻いてダメ押しします、(捩れ防止でクロス巻き)、
微量ですが、余剰接着剤が出ます。

つづく


「ゼロから始める竹竿作り」製作編その10(竹のフェルール)

同一素材でフェルール、て、考え方としては実にシンプル。
が、膨らんだり縮んだりする素材でフィッティングを維持するのは大変なこと、
ペラペラの薄物を突き合せ接着し、強度や耐久性を期待出来るの?・・・など、

と、悲観的な書き出しですが、これはこれで魅力的ではあります、
商売には保障面でのリスクが多いけど、自分が楽しむ分なら気軽に作れますので。

今回紹介するのは、羽舟スタイルの自家改変版、
後付け方式は作り替えが効き、ベンディングを阻害する要素を最小限にできます、
耐久性さえ確保できれば、とても優れた接続方法になります。

ということで本編、製作のタイミングがないから余剰材を使って要領を解説します。
200524_1.jpg
上は完成形、3pcのティップセクション、7番の剛竿ですが、ブン廻しても絶対大丈夫です。
解説用のマテリアルは、
ブランク径4ミリちょっと、フェルールは肉厚0.5ミリ、外形テーパー0.2mm/5inです。

4ミリ径なら厚さ0.4ミリでも持ちます(後述の補強前提で)、
なお、素材は適度に枯れていれば焼入れの必要はありません、
テーパーは竿のスロープそのままが良い、その方が素材変動に対応しやすいでしょう、
テーパーなしで作る方は多いと思いますが、良いところは抜くときのポップ音だけかも。

200524_2.jpg
薄板を作るための治具です、左は自作、右2つはショップメイド、
専用品を使わず簡便に済ますこともできます、
スチール物差しを2枚置いて、厚み管理はシックネスゲージを敷けばよい、
私も最初はそうだった。デプスゲージ当てながら調整する必要もないし案外優れもの。

要領としては、所定厚を一気にやらないことですね、
コンマ1mmくらい厚い状態から仕上げ削りをすれば失敗しません。
刃物でやるかサンドペーパーを使うかはお好みでどうぞ。

200524_3.jpg
出来たマテリアルをテープで止めます(先端きっちり揃えてね)、

200524_6.jpg
出来型予定寸法は50mm、
ブランク径4ミリ台なので接着代は4倍、差込は径の8倍、がウェルバランス、
実験では接着代1センチでも大丈夫でしたが余裕を見てます。
出来合いを差込接着する方式じゃないからタイトにくっ付けることができます。

200524_4.jpg
接着剤を塗ったら巻きつけます(事前確認はもちろん必須)、
右手に持つ糸は長め、ブランクに着く部分を強めに巻きます、
次いで右手糸を螺旋に数回巻いて、
引くようにしつつ左手でブランクを廻し巻き進める、を繰り返せば、
200524_5.jpg
こんな風になりますので。
200524_7.jpg
濡らした綿棒などで内部のクリーニングをしたらまずは一息、数日放っておきましょう。

補強その他については次回。

うすぼんやり光が見える


完全ワンオフ、仕舞寸39センチの超ショート、
メタルワークはジュラルミン、なので重さは35g(1.25oz)。
200312_2.jpg
所謂バンティタイプのロッドですが、
多少大きな魚でも負けない強さを持ちつつ、
振り回さずともスムーズなタイトループを生むようにしようとすれば、
しなやかなマダケを使ってもちょっと手ごわいのです、

4ft半ワンピースを製作中にヒントを拾ったものですから、
プライベート用に取っといた5ピースマテリアルがこれに化けました。
200312_1.jpg
試した結果は上々、次いで長い竿にも応用できるか試作中、
小細工を廃したシンプルなテーパーデザインです、どこまでいけるかな?。






「ゼロから始める竹竿作り」製作編その9(修理)

順序からいうと製作編後半なんだけどね、

たまたまサンプルがあるので折損修理の一例を、
200310_1.jpg
張り出した枝を叩いたとか、岩をド突いたとか隙間に挟まったとか、
藪漕ぎして川原に出たら先が無かったとか、フライ引っ掛かって竿を煽ったとか、
ここんとこ折るのって、たいがい不注意によるもの。

数センチの折損、アクションが変わっても気にしないならトップを付け替える手もあります、
が、それじゃ芸がないからスプライスジョイントによる修理をしてみましょう。
200310_2.jpg
スネークガイドによる補強併用なら径の15倍あれば大丈夫のようです、
商売やってても年に1,2度あるかどうかだから、専用ジグを作るまでもないと思う、
切り出しでざっくり落とし、ヤスリで整える、慎重にやれば失敗することはありません。
200310_3.jpg
アライメントを確認したらマーキング代わりのテープを巻いて接着します、
200310_4.jpg
表面の接着剤を落としました、作り替えた先端は幾分焼きが濃いですが妥協範囲でしょう、
200310_5.jpg
次いで補強巻き、
薄くピッタリ張り付く単縒りシルクは余程のことがなければ手に入りません、
なので通常の3本縒り100番を割って中抜き、まあ、素のままでも構いませんけど、
200310_6.jpg
しごくようにエポキシを擦り込み、馴染んだら拭い取ります、
200310_8.jpg
スプライスから先端にかけての塗装が済みました、
200310_9.jpg
復活です、次に折ったら#2スネークでスプライスだね。
200310_10.jpg

プロフィール

Asama Noriyuki

Author:Asama Noriyuki
FFに人生を葬られて半世紀、
そして終着が竿職人。ま、いいか。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR